Now Playing Tracks

わたし達の生きているこの社会でのビジネスモデルは、大きく分けて

 (1) 一般消費者向けの商品・サービスを主に販売するB2C(Business to Customer)モデル
 (2) 他の企業・組織向けの商品・サービスを主に販売するB2B(Business to Business)モデル

に分類でき、それらはさらに

 (a) 需要の予測にもとづいて、商品・サービスをあらかじめ用意しておく見込型ビジネス
 (b) 個別の注文を受けてから、商品・サービスを提供する受注型ビジネス

に分けることができる。つまり、全部で4種類が存在する訳である。そして、各企業の業務の特性や組織のあり方は、このビジネスモデルのあり方に大きく影響される。

基本的フレームワークで4種類のビジネスモデルを理解する : タイム・コンサルタントの日誌から
「物事に打ち込むには、沈黙が必要で、ため込む時間がいる。なのにSNSで毎晩、毎分のようにコメントしていたら、時間なんか作れない。好きでやっていると思っていたら、いつのまにかドラッグのようにコメントを強要されている。そのうえ素人なのに『こんなこと書いたら嫌われる、たたかれる』とか、まるで玄人のように自己規制をしている。『キジも鳴かずば撃たれまい』ということわざがあるが、『鳴きたい(書きたい)けど、撃たれ(たたかれ)たくない』という感じになっていて、結局いらいらして鳴いて(書いて)しまって、撃たれる。つまり、ネット上でたたかれて炎上する。こんな繰り返しの中でクリエーティビティーなんて生まれるわけがない。SNSにもいいところはあるが、若者は発信することに疲れ果て、発信して批判されることにも疲れている」
ジャズの異才・菊地成孔が語る表現、若者、SNS  :日本経済新聞 (via katoyuu)

書くというのは、二人称をつくりだす試みです。
書くことは、そこにいない人に向かって書くという行為です。
文字をつかって書くことは、目の前にいない人を、
じぶんにとって無くてはならぬ存在に変えてゆくことです。

――長田弘 『すべてきみに宛てた手紙』
ghostbuster’s book web.

人間は、魚やチョウの模様など、左右対称の物体やパターンの多くを好ましいと感じる。さらに、このような傾向は動物全体に存在する可能性があり、たとえばミツバチは左右対称の花を好むことが明らかになっている。

その理由として考えられるのは、視覚にかかわる脳の領域にとって、左右対称のパターンが認識しやすいことだ。パターンの一部を処理する脳の視覚領域は、左右対称性を利用して、処理済みの部分に対応する残り半分がどうなっているかを「推測」できる。パターン全体が完全な左右対称に近いほど、この近道はより高い効果を上げることになる。つまり、「左右対称のパターンや物体」は視覚的に処理しやすいため、それが左右対称を好む傾向をもたらしている可能性があるのだ。

魅力的な「左右対称」な顔は、健康状態には影響されない:研究結果 Page2 « WIRED.jp
スタンダード・アンド・プアーズの格付けサービスが8月はじめに公表した報告書は,高水準の所得格差は経済成長を抑制してしまうのを見いだしている.こうした発見はピケティ氏の発見と広く合致しているが,同報告書はその出所に意義がある.8月5日付けの『ニューヨーク・タイムズ』で,ニール・アーウィン記者はこう解説している――「S&P が(…)所得格差から生じるリスクについて警告を発しているという事実は,学術の世界と中道左派にほぼ限られていた論争がもっと主流になりつつある動向を示す,小さいながらも重要な徴候だ」
ポール・クルーグマン「中流社会に関する思い違い」 — 経済学101
コーエンがブログのタイトルに「ただ乗り問題」という表現を用いている理由は次のところにあるものと思われる。50人の素人集団にとっての目的は三銃士を倒すことにあるわけだが、集団のメンバー一人一人には集団としての目的を達成する上で他のメンバーの努力に「ただ乗り」しようとするインセンティブがある。自分はできるだけ努力せずに(三銃士から討ち取られる危険は冒さずに)他のメンバーの努力にただ乗りして成果(三銃士を倒す)だけを手に入れたいと望む傾向があると考えられるわけである。そして他人の努力にただ乗りしようとするインセンティブは集団の規模(集団を構成するメンバーの数)が大きくなるほど強くなると予想されるわけだが、「三銃士vs.50人の素人集団」の試合もその予想通りの展開を見せているようである。
タイラー・コーエン 「日本のテレビ番組に見る『ただ乗り問題』 ~三銃士vs.50人の素人集団~」 — 経済学101
We make Tumblr themes