Now Playing Tracks

本当のことを言うと、団地になるような広大な土地なんて都会には残ってなかったんだ。
そこで再開発の名のもとにスラムを潰してその土地を団地にしたんだよ。
そしてスラムの住人は優先的に居住権が与えられた。

場所によっては差別されていた人たちが住んでいたり、差別利権に絡んでヤクザまがいの人たちまで団地に入居した。
そういう団地が立つ前の土地の状況を知っている人は団地を怖がっていたね。

ニュース30over : 子供の頃、親から団地の子と遊ぶなって言われたよね。 ←大人になり真実を知ったとき悲しかった - ライブドアブログ (via itutune)

(出典: kuzira8)

では何がいけなかったのかというと、事なかれ主義に身を置いて、インターネット上での批判を真に受け、関係者が自分の出世レースに響くからと、『ほこ×たて』を打ち切ってしまったことです。最終的にそれを判断したフジ上層部が一番よくない。

—では、フジとしてはどのような対応を取るべきだったのでしょうか?

長谷川 すべてをエンターテインメントに持っていくのが一番でした。例えば「絶対にやらせを見破るBPO(放送倫理・番組向上機構)委員」vs.「『ほこ×たて』スタッフ」で、やらせを見破れるかどうかという勝負をさせてみる。最終的に「BPOがやっぱり見破れなかった」というのが一番面白いオチですよ。もしくは、「絶対に反省しない」と『ほこ×たて』スタッフに言わせた上で、「絶対に反省しないという人を反省させられる」と言う東京・新宿二丁目の女王様軍団と、1時間1本勝負をさせる。それで、『ほこ×たて』のスタッフたちを1時間鞭打ち・引きずり回し・熱湯に入れて、最終的にはスタッフが鼻水を流しながら「すみませんでした」と言わせることで、笑いに持っていける。

 昔のフジならそれくらい朝飯前で、「やらせ批判」なんて「話題の一つ」にできた。でも今やあんな状況です。その程度の演出力もないのであれば、テレビなんかやめろ、と言いたくなる。

 以前、韓流番組をたくさん流すフジに抗議する人たちのデモが同局の前で起きましたが、あの時、同局はそれを報じませんでした。全盛期のフジであれば、絶対にとんねるずがいじってますよ。エガちゃん(江頭2:50)が三輪車に乗ってデモ隊に突っ込んでいってますよ。それで、エガちゃんがデモ隊の真ん中まで行った段階で「ペ・ヨンジュン大好きー!」と叫んでボコボコにされるのを(ナインティナインの)岡村(隆史)さんと矢部(浩之)さんが見て笑うという演出ができるはずです。デモ隊なんて巻き込めばいいんですよ。すべて巻き込んで笑いにつなげるのがバラエティ番組なんです。その程度の演出力もない、面白くないフジが「悪」だと、そう考えています。

テレビのやらせ批判は間違い?その実態と生まれるカラクリ 情報番組で横行するステマ(3/5) | ビジネスジャーナル (via kaosf)
「ポップソングは実験的であると同時に
3才の子供でも歌えな きゃならないの」
   by ビョーク
ロック名言(迷言)集 Part2 みゅーちゃん! (via strast) (via nemoi) (via otama) (via vmconverter) (via jacony) (via ginzuna) (via halfdry) (via iro) (via blacktights) (via gkojay) (via gkojax) (via katoyuu)

bookishboy:

メールで送られてきたキリル文字の住所が文字化けしてることに気づかなかったフランス人が、文字化けをまるまる書き写して投函したのに、郵便局員がちゃんと解読して届けたらしい。郵便局員の技能……。

Twitter / みるか: メールで送られてきたキリル文字の住所が文字化けしてる …

186 名前: 水先案名無い人 [sage] 投稿日: 2010/06/18(金) 17:33:50 ID:Yp5wtHQP0
モザイクの発祥は日本だからな
もともと春画の陰部を隠せっていう規制が幕府から出されたときに
春画に海草で出来た海苔状のマスクを貼っておいて「ちゃんと隠してますよー」って売ったんだけど
後で蒸気で蒸らすと簡単に剥がれたんだよね
その海草でできた陰部を隠す膜の名前「藻細工」が始まりだとか
モザイクの発祥は日本だからな:ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd (via motovene)
 そして何より、ポリビタンBさんは結婚に関して大変な勘違いをされています。「愛があって結婚する」と書いてありますが、結婚は愛のためにするんじゃありません。<生き抜くため>にするのです。「愛があるから結婚する」という発想が成立するのは、日本中が都市化して、さらに日本の平和な経済システムが永久に存在することを大前提にした場合です。今の日本の社会は、たまたまコンビニに象徴されるように一人で暮らしていける構造になっているだけで、これがもしちょっと経済的、環境的な苦境に立たされた時、一人で暮らしていくことがかなり難しいでしょう。おそらくポリビタンBさんは大病にかかったことがないから、簡単に老後も一人でやっていけるようなことを書けるのだと思いますが、たとえば風邪で3日寝込んでラーメンも食べられないような状況の中で、温かいミルクを作ってくれるパートナーの存在は、僕は暮らしの中で圧倒的に重要であると考えます。
 それなりの年齢を重ねて生活をしていくには、男と女がカップルになり生活を営むということが基本的な原則なのに、今はその辺のトレンディドラマやコミック、アニメの悪い影響で「愛」が先になければ結婚してはいけないというファンタジー……つまり「嘘」に囚われすぎています。愛というのは、言ってしまえば現代人が作った妄想で、恋愛と結婚は行為としてはまったく別物です。考えてみれば、昔の人たちは「家の都合で」「親のいいなりで」「食うに困って」結婚するケースが多く、おそらく「愛」という感情を重要視した結婚は極めて少なかったはずです。しかし、そんな風潮の中でカップルになった夫婦が死ぬまで不幸だったかというと、そんなケースはむしろ少なかったのではないでしょうか。
 そしてもうひとつ、ポリビタンBさん自身が、ご両親の結婚があったからこそ生まれたということを考えてみてください。長い人類の歴史で、概ねの人が結婚し、子供を育ててきています。ということは、その行為には何らかの意味があるはずです。その意味は個人個人みんな違いますし、その結果――結婚したことで、もしくは子供が生まれたことで不幸になった人というのもいるでしょうが、様々な結婚や子育てがあったおかげで今日の我々が存在しているわけです。その今までの経緯は無駄ではなかった、という考え方もあることを理解していもらいたいのです。
TOMINOSUKI / 富野愛好病 「富野に訊け!」月末発売! 応援記事その1――「独身か、結婚か、それが問題だ」 (via kuzira8)

http://jklsite2.tumblr.com/post/92323640747/gamayauber01

jklsite2:

To Tumblr, Love Pixel Union